MENU

食欲抑制剤の副作用をまずは知っておこう

食欲抑制剤でダイエットをするべきかお悩みでしたら是非参考にして頂きたいと思います。

 

このぽっこりお腹どうにかしたい、重い体を何とか痩せたい、この食欲さえ抑えられたら。。。など

 

ダイエットに関する悩みは誰しも抱くものだと思います。

 

防風通聖散の効果

 

そんな中、医療業界でたまに見かけるのが、食欲抑制剤です。

 

現在、厚生労働省が認め、処方薬として使用されているのは、ノバルティスファーマから販売されている「サノレックス(薬剤名:マジンドール)」です。

 

このお薬の働きは、脳の食欲中枢へ直接作用と脳内の神経終末におけるモノアミン(ノルアドレナリン、ドパミン、セロトニン)の再吸収抑制の2種類の作用で、

 

食欲と消化吸収を抑え、消費エネルギーを促進をもたらし、さらに肥満時の代謝改善も行います。

 

 

使ったことがある患者さんに聞いてみると、効果はすぐにでるようで、

 

「一か月で8キロやせたよ。食欲が無くなるんだよ。ただ、副作用がきつくて、やめてしばらくしたらリバウンドしちゃったけど。。。」

 

とのことでした。確かに使っている間は効果がしっかり出るようです。ただ、副作用とリバウンドは気になります

 

防風通聖散ツムラ

 

どのような人に使えるのか?添付文章をみてみると、

 

あらかじめ適用した食事療法及び運動療法の効果が不十分な高度肥満症(肥満度が+70%以上又はBMIが35以上)における食事療法及び運動療法の補助

 

となっています。

 

解説すると、高度肥満症とは

 

肥満度(%)=(実体重−標準体重)÷標準体重×100     ⇒70%以上
BMI(Body Mass Index)=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)  ⇒35以上

 

なのですが、例を出すと、

 

肥満度は、私の体重の標準体重が60キロだとしたら、102キロ以上ないといけなく、

 

BMIは、私の身長が160センチだとしたら、89.6キロ以上ないといけない計算になります。

 

なので、少しぽっちゃりほどでは使用することはほとんどありません

 

 

用法・用量は、
通常、成人には、マジンドールとして0.5mg(1錠)を1日1回昼食前に経口投与する。
1日最高投与量はマジンドールとして1.5mg(3錠)までとし、2〜3回に分けて食前に経口投与するが、できる限り最小有効量を用いること。
投与期間はできる限り短期間とし、3ヵ月を限度とする。なお、1ヵ月以内に効果のみられない場合は投与を中止すること。

 

となっています。

 

 

「できる限り最小有効量を用いること。」

 

「投与期間はできる限り短期間とし、3ヵ月を限度とする。なお、1ヵ月以内に効果のみられない場合は投与を中止すること。」

 

と、通常の添付文章ではなかなかみかけない文言が入っています

 

防風通聖散に副作用はあるのか

 

理由は、やはり、それを書かないといけないほど、依存や副作用のリスクがあるからです。

 

この、サノレックスの成分であるマジンドールは薬学的特性が覚せい剤であるアンフェタミンと類似しています。

 

そのため、精神的依存の可能性や、耐性に関しては頭に入れておかないといけません。

 

これが強くなると、強い不安感やイライラ、幻覚、うつ、などの症状が出てくることがあります

 

また、脳に直接作用するため副作用の頻度が高いとも考えられており、現れやすい副作用としては、

 

口の渇き、便秘、頭痛、睡眠障害、動悸、悪心などがあります。

 

 

さらに、このお薬を絶対に使ってはいけない患者も多く、以下のようになっています。

 

●緑内障
●重症の心障害のある患者
●重症の心障害のある患者
●重症の膵障害のある患者
●重症の腎・肝障害のある患者
●重症高血圧症の患者
●脳血管障害のある患者
●不安・抑うつ・異常興奮状態の患者及び統合失調症等の精神障害のある患者
●薬物・アルコール乱用歴のある患者
●MAO阻害剤投与中又は投与中止後2週間以内の患者
●妊婦又は妊娠している可能性のある婦人
●小児

 

また、糖尿病の患者、てんかん又はその既往歴のある患者、高齢者は慎重投与ともなっています。

 

ですから、個人での輸入は法律で禁止されており、必ず、医師の指導のもと使用しなければならない、注意が必要なお薬です。

 

防風通聖散の口コミ

 

日本では認可されていませんが、同じように脳神経に作用して食欲を抑制するお薬で「リデュース(薬剤名:ジブトラミン)」というお薬があるのですが、依存性が強く、重篤な副作用として心臓発作などが報告されていて、死亡例もあります。

 

次に、日本ではまだ未承認ですが、肥満治療薬として海外では良く知られている「ゼニカル(薬剤名:オーリスタット)」というお薬があります。

 

このお薬は、脂肪の吸収を抑えるお薬で、腸内の脂肪分解酵素のリパーゼに作用し、活動を妨げ、腸管からの脂肪の吸収を阻害します。

 

この時、吸収されなかった脂肪は、大便として排泄されます。

 

これにより、食事で摂取した脂肪分の20〜30%が排出できると言われています。

 

油ものをたくさん食べる方は効果を感じやすいのではないでしょうか。

 

 

ただ、脂肪吸収抑制剤ですので、すでに付いている内臓脂肪や皮下脂肪は落とす効果はありません

 

 

ですから、肥満がさらに酷くなるのを防ぐサポート的な感じで利用するのがベターです。

 

防風通聖散の飲み方

 

 

食欲抑制剤と違い、脳に直接作用しないため副作用の危険性は明らかに低くなります。

 

副作用としては、おならが良く出る、排便回数が多い、下痢、などがあります。肛門から臭いがキツイ油のようなものが出てきてビックリするようです。

 

くしゃみなどの勢いで、肛門からピュッとでてパンツが濡れることは良くあるようです。

 

また、脂溶性ビタミンであるビタミンA、D、E、K、βカロテンの吸収も阻害されるので、これら脂溶性ビタミン類の摂取量を増やす必要があるので、食事やサプリメントで意識的に摂取することが大切です。

 

 

取得方法は2種類です。

 

1つは、医師の処方ですが、厚生労働省が未承認の薬ですので保険は適用されず全額自腹です。

 

なので診察料も含めると1箱42錠(1日3回、14日分)を手に入れるのには20000円〜30000円を見ておいた方がいいでしょう。

 

防風通聖散クラシエ

 

もう1つの方法は、通販での個人輸入です。

 

こちらは安く手に入れる(1箱42錠、5000円台〜7000円台などサイトにより様々)ことはできるようですが、偽物が出回っているため注意が必要です。

 

もし偽物だった場合、何が入っているのかわからないため怖いです。

 

以前、タイ製のやせ薬の個人輸入で、これまで死亡事例を含む重篤な健康被害が報告された例もありますので、そこは慎重にされた方が良いかと思います。

 

また、個人輸入の場合は重篤な健康被害が起きた場合でも救済制度がありません。

 

そのことも考慮し、すべて自己責任で行わなくてはなりません。

 

 

私は、調剤も漢方相談も併設した薬局の薬剤師なのですが、感じているのは、食欲抑制剤や脂肪吸収抑制剤は確かに効果はあるようですが、リスクやコスト面を考えると、少し割が合わない気がします

 

防風通聖散の通販

ダイエットや脂肪燃焼なら漢方が良い理由

やはり、体への負担や、安全性、コスト面、を考えると、漢方薬を使って痩せていくのが一番良いと思います。

 

ダイエットに使われる漢方薬はいくつかあります。

 

例をあげると、防風通聖散(お腹周りの肉、内臓脂肪が多いタイプ)、防已黄耆湯(水太りタイプ)、桂枝茯苓丸加よく苡仁(血液がドロドロタイプ)など体質に合わせて使用されます。

 

防風通聖散ロート

 

中でも、調剤薬局で群を抜いて処方され、多くのメーカーからも販売されているのが、防風通聖散です。

 

防風通聖散は、18種類の生薬から構成されていて、お腹の内側にじっくり働きかけ、体の水分代謝を改善し、便通もよくすることで、体に溜まった老廃物などの余分なものを排出してくれる漢方薬です。

 

気になる副作用は、下痢、むくみ、胃痛、腹痛、発疹、肝機能障害などがあるのですが、一般的な医薬品と比べると、めったに副作用が起こることはなく、心配する必要はほとんどないと思います。

 

現に、私の薬局でも、お客様からの副作用の訴えは聞いたことがありません

 

ただ、飲みすぎたり、長期連用しすぎたり、体質に合わなかった場合は副作用が起きる心配がありますので、ご注意ください。

 

防風通聖散に関しては、ポッチャリしていたうちのスタッフも試しました。

 

私もここまで効果があると思っておらず、傍から見ていて、実に上手に痩せていったのでビックリしました。

 

写真を使っても良いとの事だったので、使わせてもらいます。

 

30日間、使用した結果がこちらです。

 

お腹周り

 

防風通聖散は痩せないのか

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

防風通聖散の薬価は安い

 

顎肉

 

防風通聖散を比較する

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

簡単なダイエット方法

 

最終結果

 

体重65.4→62.0(-3.4kg)

 

お腹周り88→82.5(-5.5cm)

 

 

彼は、特にこれといった運動や食事制限もせずに、このダイエットを行いました。

 

やっていた、本人が一番ビックリしたようで、日に日に代謝が良くなって、体が軽くなっていっているのが分かったようです。肌も綺麗になりました。

 

防風通聖散おすすめ

 

朝の目覚めも悪く、朝一から体が重く、疲労感があった体が、30日後にはスッキリ目覚めるようになったとのことです。

 

また、彼は、便秘症ではなかったので、最初、便が緩くなり過ぎて下痢になるのを心配したようですが、便通は飲む前と後でも変化はなく良かったと言っていました。

 

友人から「これいいから試してみたら」と言われ試したようですが、服用後にはすっかり彼自身が惚れ込んでいました。ちなみにその友人も2ヶ月で5キロの減量に成功したようです。

 

ただ、彼は、特にこれといった運動や食事制限もしなかったようですが、やはり、適度な運動や食事制限も一緒に行うとより効果的です。

 

脂肪代謝は適度な運動を取り入れることで、より一層の効果が期待できます。

 

 

まとめると、私が、漢方薬を使って痩せていくのが一番良いと思うのは、やはり、リスク面での安全性が一番大きいです。

 

防風通聖散に処方箋はいらない

 

 

大切な体、一度壊してしまったら、回復するまでに時間もかかり、もしかしたら、最悪の場合、回復できないことになるかもしれません。

 

 

毎日、たくさんの健康相談を受けていますが、いかに、健康であることが大切かは身にしみて感じます。

 

ですから、それだけは、避けていただきたいと思うのです。

 

また、漢方薬は、食欲抑制剤や脂肪吸収抑制剤と比べても、見劣りしないほどの効果もしっかりとでています。

 

物にはよるのですが、調べていただいたら、コスト面でも一番安く手に入れることができるかと思います。

 

つまり、安全性、コストパフォーマンスともに一番良いと思うからです。

 

もし、私の家族がダイエットしたいと言ってきたら、タイプに合わせ適した漢方薬を勧めます。

 

それほど、漢方薬の安全性は高く、効果も期待できると、日々の相談の中で実感しているからです。

 

防風通聖散の通販